作文小論文専門学院の添削通信教育(高校生講座)
今月のお知らせについて(毎月更新)

「今月のお知らせ」ページでは、ホームページをご覧いただく皆様のお役に立つように、作文小論文専門学院の通信教育講座では、次の5つの情報【A・B・C・D・E】を掲載しております。

 

弊社では、このページとは別に「会員様専用ページ」もご覧いただけます。

会員様専用ページでは、大学入試の「小論文の書き方」や「小論文のポイント」などをご説明しています。

※会員登録(無料)後、すぐに閲覧いただけます。

※会員登録(無料)はこちらから

 

【A】現在の定員状況につきまして

作文小論文専門学院の通信教育講座は定員制のため、場合によってはお待ちいただくことやお断りさせていただくことがございます。何卒ご理解ください。

 

【B】小論文の掲載につきまして

提出いただいた中から、優秀な小論文を当ホームページに掲載しております。

※次の3つの条件がございます。

(条件1):受講者様・保護者様の両方が希望されていること

※どちらか一方のご希望では掲載できません。

(条件2):提出いただいた小論文の評価(添削の評価)が「A」であること

(条件3):個人情報保護の視点から氏名・住所などの個人情報は掲載できません。

 

【C】今までの指導経験から感じたこと

添削指導や塾講師(作文・小論文指導)の経験から得たことをお話したいと思います。

 

【D】作文小論文専門学院の規定変更について

重要な変更があった場合は、メールでもお知らせいたしますのでご安心ください。

 

【E】その他、大学入試の小論文に関する情報

 

毎月1回更新(毎月3日更新予定)いたしますので、月に1回確認いただければありがたく思います。

最新のお知らせ情報

体験学習につきまして(高校生講座)(2022/6/3)

 

作文小論文専門学院の高校生講座には体験学習制度(添削指導)がございますが、毎月3名様限定のため、ご希望にそえない場合が多くご迷惑をお掛けしております。毎月、1日の午前中(多くは日付けが変わった瞬間)には3名様に達することがほとんどでございます。このような状況のためご理解ください。


体験学習につきまして(2022/5/3)

 

作文小論文専門学院の体験学習は、毎月3名様限定となっております。

つきまして、定員になり次第締め切りとなりますことをご理解ください。

※毎月1日の午前中には定員に達しております。


添削講座コースのご予約状況につきまして(2022/4/3)

 

添削講座コースの受講者様増加につき、2か月程度お待ちいただく場合がございます。

定員制のため、何卒ご理解ください。宜しくお願いいたします。


小論文に不可欠なものとは(2022/3/3)

 

語彙力、表現力、構成力など、様々な力が必要ですが、最も重要なのは「思想」や「主義」のようなものだと言えるでしょう。

自分なりの思想や主義がなければ、どれだけ語彙力や表現力があっても、一貫性のない小論文になってしまいます。


入試直前3か月コース(添削講座コース)につきまして(2022/2/3)

 

現在、お申し込みを希望する皆様にも2か月程度お待ちいただいている状況でございます。

つきまして、入試直前3か月コース(添削講座コース)はお断りさせていただく場合がございます。何卒ご理解ください。


Q:大学入試の小論文の減点箇所とは?(2022/1/3)

 

A:もちろん、段落構成や意見や根拠の示し方など、小論文の内容そのものに関する部分には充分な注意を払う必要があります。ただ、以外に多いのは下記の3点です。

 

(1)接続詞や助詞などの使い方

(2)漢字や送り仮名のミス

(3)うっかりミス(書き間違いなど)

※大学入試の小論文でも、このような減点が最も多いと言われているので注意してほしいと思います。一文ごとに読み直して減点を出来る限り少なくしましょう。


Q:4段落構成にすべきですか?(2021/12/3)

 

A:小論文の構成は「序論」「本論」「結論」ですので、3段落構成でもかまいません。

ただ、本論が長すぎると伝わりづらい小論文になるため、本論を2つに分け、4段落構成にすることをお勧めしています。


Q:グローバル化と国際化は違うの?(2021/11/3)

 

A:共通する部分が多いので、多くの高校生は疑問に感じているかもしれませんね。でも、分かりやすく説明するので安心してくださいね。国際化は、国家を前提とし経済や文化の交流を行いますが、グローバル化はそうではありません。グローバル化は日本語では「地球規模化」と言い、国家という枠を超えているのです。このように、大学入試の小論文に必要な知識をひとつひとつ身につけていきましょうね。

添削講座のお申し込みはこちらから

教材のみのご購入はこちらから